FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

瞼の内側で君を抱きしめよう

       09051008DSC42891.jpg

          苦しさにも似た感情に もう
          名前なんてなくていいんだよ



                                     Mr.Children「youthful days」






ビッグなハッピーニュースが訪れた8月6日♪
長い長いツアー、終了しましたね。お疲れさまでした。
また冬に向けて楽しみが増えました^^
これから毎日目にするプロ野球ニュースでさえ
私には特別なひとコマ(笑) 
中日戦、日ハム戦、巨人戦、あぁぁ客席ばかりに目が行くかも♪

で、そんな中で5月の武道館のライブレポを書きました。
なんかまたね、とりとめなく長いんですけど・・
お時間の許す範囲で(笑)よろしければ読んでみてくださいませm(_ _)m




《セットリスト》

終末のコンフィデンスソング
everybody goes~秩序のない現代にドロップキック~
光の射す方へ
水上バス
つよがり
ロックンロール
東京
口がすべって
ファスナー
FAKE


車の中でかくれてキスをしよう
HANABI
youthful days
エソラ
innocent wolrd
風と星とメビウスの輪
GIFT

(アンコール)
少年
花の匂い
優しい歌



夕食の準備を終えた夕方、本当にさりげなく
まるでいつものことのように玄関をでて 駅まで歩く。
私がこれからMr.Childrenを観に行くなんて すれ違う人は誰一人知らないのダ。
なんて特別な人なんだろう私は(笑)
この町からこの駅から私以外に誰かいるのかな・・・
飛び出しそうな胸を抑えて電車に乗る人が。

6:45九段下着。何番の出口?なんて探さなくたって人混みについてゆけばいい。
もうすぐ開演の時刻、駅はMAXに混んでる(@@
改札の向こうにも階段を上って表の道にも、「チケット譲ってください」の人たち。
ここではもう電車に乗る前の優越感は消えている。ごめんねを心の中でつぶやく。

人渋滞の中をのろのろと進む薄闇の坂道。遠いむかしの夏の日を思い出すなぁ。
武道館への道は私には高鳴る胸のわくわく感だけ。それしか思い浮かばない。
田安門をくぐると武道館の正面玄関。業界関係者からのお花がずらっと並んで
拡声器を持ったスタッフが声を張り上げる。
見上げると時計台。高校生の私が何度となく友達と待ち合わせた場所・・・
   「2階席はこちらの階段を上ってくださーい!!」  
わかってますよ、もう慣れてます(笑
階段を上りながら、ふと時が戻ってゆく感覚を味わう。
80年代の風がそっと吹いてる。



さぁて席を探さなくっちゃ。丸いカタチの武道館、席は方角で表される。
北、北東、東、東南、南、南西、西、北西・・・
椅子の背にそれが英語の頭文字で書かれている^^;
えっと、西はウェストだから「W」 今私が居るのはNWだから・・ん?どっちに行けばいい??
あ~~めんどくさいっ  実年齢だけでなく脳年齢まで上がっているだけに
迅速な判断不可能。いえ、脳年齢のせいではないだろう・・・
とにかく落ち着け~~~(笑

ウロウロすること数分、果たして無事に自分の席が見つかり
初めてステージを振り返ってみる。
おぉ~。横浜アリーナよりは断然近いばい^^ 健ちゃんこっちをみてくれればいいなぁ♪
安心して座ったらもうあと数分で7時。
裏方さん、音声さん、映像係りさん(?) みんなが集まって円陣を組んでる。
もうすぐ、始まってしまうんだな・・・。
ガサゴソとバッグを探り、麦茶のペットボトルと紙とペンとタオルを用意。


           **************



照明が落ちてざわつく会場の中、何台ものカメラがステージ上を狙っている。
Mr.Childrenとナオトさんと小林さんの登場なのだ(@@オチツケ~
HOMEツアーのときのように大掛かりな仕掛けもないし、
メンバーも最小人数。アリーナを広く取ってステージは北一階席にぴたっとくっ付いてる。
「終末のコンフィデンスソング」、フフフ 想定内の一曲目^^
ステージに現れたときからなんとハイテンションな櫻井さん・・・
もしかして ゆずの北川くんでは?? と目をぱちくり(笑

そんな、心まで躍っちゃってる彼の空気が 一瞬で1万人のお客さんをひとつにする。
チカラ強く、颯爽とまるで大波のように私たちのココロを掴み奪い去っていく。
その瞬間のなんて爽快なことだろう・・。
これから始まる夢の時間へみんなみんな瞳を輝かせて。


続いて「everybody goes」と「光の差す方へ」 懐かしいシングル曲。
もちろん SUPERMARKET FANTASYが中心だけど
膨大な曲数があるのだから それを選び出すのも楽しい作業かもしれない。
(古く聴こえないのもミスチルの素晴らしさの一つだ!)

一息ついてMC。 半年も前から待って待って待ち続けた彼の第一声は
「あのさぁ~^^」   だった・・・^^
気負いなく 人数に関係なく 私たちに向けられている櫻井さんの心は
ライブでは本当に近しい友人のように心許しているよう。。。

昔 ライブハウスで演奏していた頃、お店の人に「やる気あるの?」と言われたくらい
覇気がなかった。
そんな時、「武道館にいるつもりで演ってみな」と言ってくれたミュージシャンの先輩がいた。
そういえば自分が憧れたアーティストのライブ映像はたいてい武道館で録られたもの。
ずっと憧れ続けた武道館。8年前初めてMr.Childrenがそのステージに立った時は
無我夢中で味わえなかった、とも^^

「もっともっと大きな会場・・東京ドームも日産スタジアムもやったことあるけど(笑)
 でもね、武道館は特別なんだ^^」
本当に嬉しそうに武道館への思いを話してくれる櫻井さん。
だからあんなに飛ばしてたんだね^^


次はしっとりと「水上バス」と「つよがり」。
今夜 歌ってくれる曲は、私にとってはすべて「初めて」。
武道館のぜんぶの空気が彼の声で埋まる。
どこまでも伸びて私たちの髪に肩にそっと降りてくる。


で、ここでもMC。今日はたくさんお話してくれるナ♪
「ロックスターに憧れる男の歌です」と。
もしも違う生き方をしていたら?という話しで盛り上がる。
お客さんの中にカップルを見つけては、
「ほらほら~本当にその彼氏でいいのぉ?」といたずらっぽく笑って
「オレだってさぁ、独り身だったら・・・あんなことやこんなこと(笑」
そして  ♪結婚などしないで~
      ♪後先など考えない、バカと呼ばれる~
のところで 大袈裟にJENくんを指差して にやにや笑ってる^^

続いての「東京」。雰囲気が変わって ぱぁっと花が咲いたよう。
スクリーンにも歌詞に合わせたアニメーション。
CDで聴いていたときから くっきりと場面の浮かぶ曲だと思っていたけれど
こうして流れるように映像を観ていると、この曲の持つ切なさがことのほか胸を打つ。

次は大好きな大好きな「口がすべって」
リアルタイムで聴けることを ずっと夢見てた一曲。
この曲を歌っている彼を 見たことがないのに、でもはっきりと画に浮かべていた。
きっとギターは持ってない、 スタンドマイクでもない、
マイクを持たないもう一つの手の動きも ステップも 表情も 揺れてる前髪もそれから
最後、 ♪人間のいいとこ~ できっと笑顔になってる嬉しそうな顔も。。。
それらのすべてが 今、目の前にある奇跡。
あぁ、涙って、きっとこういう気持ちのときに流れるものなんだ。


「ファスナー」は じつは私が櫻井さんの真骨頂だと密かに思っている作品。
「しるし」や「GIFT」のように壮大なスケールの曲も確かに彼らしいのだけれど
「ファスナー」や「渇いたKiss」も・・誰もが持っていて誰もが隠したがる「暗」の部分を
シュールに的確にそれでいて優しくさらけ出してしまう、この詞の世界は
誰にも真似できない櫻井ワールド。 本当にお見事・・言葉を失う。
そうそう、この曲のときにステージ上を走る光のライン。
ファスナーをモチーフに曲に合わせて2本の光がひゅーっと閉まってゆく・・可愛らしい演出。
2階席でよかったぁ^^


さて中盤にさしかかってきたのかな?
最初「ニシエヒガシエ」と間違えてメモってしまった(私としたことがっっ) 「FAKE」。
あぁそうか・・アルバム「HOME」からは一曲もない??と思っていたけれど
「FAKE」がありましたねぇ。そうだそうだ。
最初からアゲアゲなお客さんも再び上がってまいりました。

「掌」はもちろんライブバージョン。オリジナルにはない歌詞のところ、
 それぞれ、ひとりずつ、ひとつだけのOne。。。
ひとつになろうと苦しまなくていい、認め合えれば、それで素晴らしい。
みんなが違う、それでいいのだ。 いびつな感情を解きほぐしてゆく言葉たち。
優しいメッセージを受け取れる、今の私は最高に幸せ。
「掌」のキーの高さの声が好き。やっぱりこの曲は夏の匂いがする。


続いての「声」、数年前発表の「掌」と不思議と近藤マッチ。
待ってましたとばかりに ♪Yeah~~~っ  って会場中が叫ぶ一体感^^
櫻井さんもとっても嬉しそう。彼と同じように私も会場を見回してみる(笑


次はメンバー紹介。
最初がJENくんなのだけど、いきなり「ご開帳!」とか言ってTシャツを脱ぎ始めた(@@
で、すぐに「ご開帳終了!」と言って着終わって(笑
それがもう大ウケで拍手大喝采・・・
そんな様子をニコニコと見ていた櫻井さんは 「次、やりにくいよね~^^;」とナカケーへ。
もちろんナカケーは普通~に挨拶をしたのに、お客さんは期待満面 脱げ脱げコール(笑
なんかわかんないけど ものすご~く盛り上がっちゃって、しまいに櫻井さんが
最前列のお客さんに 「君たちいったい何なんだ?!」って質問する場面も(@@
「脱いで脱いで~~」ってせがむ女の子たちに 「バカか!脱がねーよっ 怒」^^ って。
とっても微笑ましい一幕。

それから、「武道館は前にも後ろにもお客さんがいて これがまた気持ちがいい^^」という
一言に  向かい合っているアリーナと北一階席のお客さん同士で手を振り合ってて・・・
それに挟まれて あっけに取られる櫻井さんは
「・・・・ それ、ずっとやってていいよ (笑」って^^

MCは HOMEツアーのときにも増して なんだかとっても肩の力が抜けた
親しみのあるものに変わってきている感じ。
それにはやっぱり ap bank fesの大きなチカラがあるんじゃないかなぁ と思う。
それまで数年に一度しかなかったライブツアー。 ap bank fesが始まって
毎年たくさんの人たちに会えて、大好きな音楽を共用して共感して一緒に楽しんで。
音楽というボールを蹴りあってチームになってゆく。
そんなふうに仲良しになる・・心を許しあう・・
この数年で すっごく“心の距離”が縮まっていることを
たくさんのファンは感じてるに違いないと思う。もちろん彼らも^^


ここでこのツアーの目玉(?) デビュー当時の写真公開(@@ 
スクリーンに映されるのだけど、恥かしいから2秒だけね!って・・。フフフ。
私は真横に近い位置だからよく見えなかったなぁ^^; DVDを楽しみにまってます。

当時の武道館に憧れていたころの自分たちのまま歌います、と
「車の中でかくれてキスをしよう」
うわぁぁ。スペシャルだぁ・・。
私の中では いつも「ゆりかごのある丘から」とダブってしまう曲^^;
歌い出しを聴いてから、メモに記入。


さて、さてさて!待ってましたの「HANABI」♪
この曲を、今目の前で聴いていること・・
昨年9月のあの晴れた日に想像できていただろうか。
歌詞のひとつひとつを心揺さぶられながら聴いている時間、
ふっ と世界が固まってしまうような錯覚に陥る。
この名曲の世界に、私のすべてが固まってしまう。

そして 放心の表情がもう一度 にっこにこ笑顔になってしまう「youthful days」
開演からここまで 胸に降り積もった「喜び」が一気に迫ってきて
口から飛び出しそうなくらい(?) 大好きでしょうがない曲。
気付くと櫻井さんはもう そこらじゅうを走り回っている。
この曲のときだったかなぁ・・ お客さんに・・・
お客さんにね、ハンドタッチしてるんですよ~(@@ うっそ!そういうのありなん?!
(悲鳴があちこちから・・・ ふふふ、アイドルだねぇ^^)
ねぇねぇあそこの席と、私の席、同じ値段ってありえないっしょ(笑

いえいえもうそういうパフォーマンスのあとですから
お客さんたちは悲喜こもごも狂気爛漫なわけですたい。
そんな、そんなすごい状況の中の次の曲のイントロが・・・・ 「エソラ」だ~~(倒)

なんだこれ~なんだんだこれ?!
CDを聴きながら、こういう画をみんながみんな思い描いていたみたいに
会場中がひとつになってる。
やがてこの曲が鳴り止むこと、今日の日が終わること、みんな分かっているよ。
でも 全員が 終わって欲しくないと思ってる。
そんな全員分の気持ち、重量にしたらどれくらいだろう?それを受け取ってる。
櫻井さんは 何よりも嬉しそうに受け取ってる・・!

以前 森田恭子さんがLRで「ミスチルのライブには龍がいる」って書いてた。
いいライブには“うねり”が生まれてそれが龍となって会場中を飛び回るって。
それ、すごくわかるなぁ。この空間には 確かにベツモノが存在する。
日常とは別のもの・・・それを絵空事というなら、名前のとおりまさにこの曲なのダ。

さぁ興奮のるつぼと化してる私たちに追い打たれる曲が このあとありました。
「innocent world」 ひや~ぁ、私、はじ、はじ、初めてですたい(@@
憧れてました、ライブデーブイデー観て!
笑顔笑顔の大合唱と、パン パパンのリズム。
シフクノオトも I♡Uも HOMEも・・・あぁ私、とうとうあのデーブイデーの中の世界に
来てしまったんだなぁ~と(笑
I♡Uの東京ドーム。 数万人が歌うinnocent world。
テレビの前の私は、唖然として 本当に別世界と思っていた。
ミスチル大好きだけれど、この中に入ることなんてありえない。
私が、ミスチルのライブに行くだなんてそんなことありえない・・・。

あれから何年が過ぎ、どんな素晴らしい奇跡を積み上げてきたんだろう。
私は居るよ、ここに居る。
こーんなにいっぱいの幸せをもらって。。。^^


あぁ楽しかった♪もう本当に。
あんなに はしゃぎまわって飛び回ってた彼は それでもまだまだ
お腹の底から声があふれてくる。
「風と星とメビウスの輪」は・・・涙涙。
壮大な宇宙を私はこの目で見たことはないけれど この曲を聴きながら
大きなものに抱かれる感覚を覚える。
身体が折れそうなくらい、力の限りに歌う声。
彼の「命」に間近で触れたような気がした。


最後の曲は「GIFT」。 なんてぴったりなんだろう^^
ぎゅっと握った手のなかのギフトを私たちに差し出す仕草。
素敵な素敵なプレゼント交換。
「彩り」の ただいま、おかえり、と やっぱりおんなじ。
僕のほうこそありがとう ううん、私のほうこそありがとう。
何度も何度も
「ありがとう」とつぶやく。



アンコールの前に、ちょっとヘタりこんでしまう(笑
まずはド、ドリンクを飲もう。 気持ちを少しリセットしなければっ
いつも思うけれど ミスチルは短いね、アンコールまでの時間が。
もう バーッと汗を拭いてサッと着替えてそれだけのような気がする。
髪とか・・メイクさんが櫛をいれてくれたりするのかな?一応(笑
このときばかりは 衣装担当さんになりたいと思う。だって・・洗濯したいんだもん(笑



そしてアンコールは3曲。
ちっともテンション落ちずに「まだまだ熱いのいくよ~」と「少年」を。
その次の「花の匂い」は
♪ ありがとう、さよなら  を繰り返すフレーズが印象的・・。
それを言いたいのは私なんだよ。
天井に向かって どこまでも響いてゆく願い。
今日のおみやげにそっと胸に仕舞うんだ。

ぱ~っと明るくなる武道館。
小林さんの奏でるイントロを聴いて、まわりがざわつく。
え・・この曲がラスト?!^^ 意外性?なのかな、嬉しさなのかな、
とにかく みんなが 「わぁぁぁ^^」って笑顔になる・・「優しい歌」。
和むなぁ。安心する。

この曲をラストに選んだのは誰だろう?
最後の最後に、歌うのは  ♪愛する喜びに満ち溢れた歌・・ 
今日演奏された曲は みんなそうだったね。
ううん、最近の櫻井さんに降りてくるのは
みんな“愛する喜びに満ち溢れた歌”ばかりだね。

温かい、とっても温かい終わり方。
最後にもう一度、メンバーを紹介して ぐる~っと挨拶をして退場をするのだけど
その時にかかるBGMが・・・みんなびつくりの「エソラ」!
(粋だな~~とっても^^)
Mr.Chidlrenの4人と もう一度この曲を歌えることの喜びが爆発~~の武道館♪
♪Rock me baby~tonght~の大合唱。
名残惜しそうに、メンバーが去ったあともずっと歌い続けてる。
まるで今日の素晴らしいステージを讃えるかのように。。。



               *****************



この日まで伸ばした髪は すぐにすっぱりと切ってしまって
パーマまでかけちゃって、6月からはすっきりと清清しく夏を過ごしています。
これはいいことなのか悪いことなのか・・^^;
なんだかね、欲がなくなってしまって。
考えてみたら、身の回りのもの・・・靴とかバッグとか洋服とか雑貨とか
もう、好きなものをたいてい持っているし
買い物へ行っても、買おうという衝動がおきない。以前の私からは考えられないこと。

櫻井さんから受け取るもののほうが あまりにも大事で貴重で
他のものに関して、興味がもうなくなってしまった。
ちょっと「IN」になっているかも。見方を変えると危ないというか(笑
どちらかというと消極的なのかもしれないです;

とりあえず「変化」というとそういうことかな。。。






          好きなアーティストがいて、CDを買ってずっと聴いてて
          ライブのチケットを手に入れ、そして会いにゆく。

          好きなアーティストがいて、その人の歌を声を
          その場所で聴けるということ。

          ライブに行くことって  
          なんと正しく善良で美しい行為なのだろうと思う。
          ずっと昔から、人々はこうして足を運んでいた。
          正直で真っ当な「喜び」や「幸せ」を
          音楽とともに歩んできた。

          それを、本当に感じることができるんだ・・Mr.Childrenをみていると。
          ミスチルに関して、いろいろ悪く言う人がいるけれど
          大方それは きっとやっかみに違いないと思う。
          それくらい、彼らは 素晴らしいのだから。
          
          秩序のない現代にドロップキックなどしている余地もなく
          メンバーはきっととっくに幸せなのだ^^
          個人としてのささやかな幸せは
          奏でる音楽に乗り移り
          何百万枚のCDに乗り移り
          そしてライブで、まさにナマで、膨大な光となって降りそそぎ
          来たひとすべてを幸せにする・・もうそれは
          疑いようもなく、目に見えない事実そのもの。

          はい、私が胸を張って(今日はホックは外れてません;)証明します。
          「ミスチル生き証人」(笑
          
          

          
          
        09080708DSC5149.jpg
        では最後にお見苦しいものを(笑
        どうですか、読めないでしょう?私も読めません。
        あとでネットで調べれば セットリストなんて簡単に分かるけれど
        何かこう、生々しいものを残したいと思って(笑

        私のこだわりです。





長文、読んでくださった皆さま ありがとうございました☆

10:26 | Mr.Children | comments (13) | trackbacks (0) | edit | page top↑
マイ夏休み | top | 逢いたくなった時に君はここにいない

comments

#
仕事の休憩中についつい読み入ってしまいました。
涙がボロボロこぼれて・・・仕事に戻れませ~ん(..)
よくお邪魔させてもらってましたが・・・
いつもあまりにも素晴らしい文章に時にダジャレがほどよく効いていて、ホントに優しく綴られているブログに。。。
私はどうしてもコメントを入れられずにいました。でもでも、DVDになる武道館のライブの様子を想いいっぱいに綴っていただき、ありがとうございました。
これだけは伝えたいと思いました^_^
by: シフクノママ | 2009/08/07 16:54 | URL [編集] | page top↑
# ありがとう
 貴重なレポありがとうございました。
ライブ後に「八月にレポします」と記事に書いてあったのを
読んだときには、六月のまちがいじゃない?と
コメントしそうになりましたが。。。。
数か月分の想いで更に深くなったレポですね~。

 好き、とか、大好き、とか
そういうレベルを超えて nanaさんのからだの一部に
ミスチルが埋め込まれているような気がしています。^^。
by: m | 2009/08/07 23:05 | URL [編集] | page top↑
#
nanaちゃん、こんなにも待たせてしまって・・名古屋の振り替え公演が終わってからのUP.ホントお心遣いありがとう。

nanaちゃんのステキなレポに接し、昨日の一場面一場面がホント鮮やかに甦ってきました。二度美味しいって感じです^^ いつもながら、nanaちゃんの文才に脱帽です。

私もファスナー大好きなんですよ。バックの映像ももすっごく良かった^^そう、私も2階席だったので、人の頭を気にすることなくしっかりスクリーンを見ることが出来ました。

ライブを楽しんでるって感じわかります。もう、あの笑顔・・何も他にいりません^^;

あぁ・・なんだか支離滅裂なコメントでゴメンナサイです。
by: yoko | 2009/08/08 01:13 | URL [編集] | page top↑
#
e-465 シフクノママさん、こんにちは!
温かいメッセージをありがとうございます。私まで泣きそうですー!
それから、いつも読んでいただいていたことも嬉しいです☆
お仕事モードにはその後 戻れたのでしょうか・・^^;
これに懲りずにまたいつでも冷やかしに、、そう、私のお熱を冷ましにきてくださいませ(笑

レポは長くなっても、やはりこの宝石のような一曲一曲すべてを
綴りたいと思って^^
シフクノママさんのおっしゃるとおり、想いのあふれるままに書いてしまいました。
デーブイデー、楽しみですね♪





e-465 marchさん、こんにちは!
いえいえこちらこそありがとう、、読んでくれて。長かったでしょう(笑
うん、ライブ後すぐに書いてもいいのですが やっぱりね、
私は時間をかけたほうが性にあっているかも。

体の一部に?! いや~ん恥かちい!(って何が)
そうかもね、いやほんとにそうだ。
光栄です~とっても。





e-465 yokoさん、こんにちは!
まずはおかえりなさ~い♪ あぁ つい昨日櫻井さんとお会いしたかたが
こうしてブログに来て下さるその繋がり?ほやほや感が嬉しい~~
ありがとうございます☆ いえいえ待たせてしまったってことはないのですよ、
私にはこれだけ書くのに数ヶ月を要するのです・・^^; 
>二度美味しい って(笑 なるほど~^^ 光栄です!
櫻井さんのあの笑顔のほかに、そうですよね、何も欲しいものなんてないのですよね。
yokoさん、本当にトキメキが伝わってくるようです(笑

yokoさんもファスナーお好きなんですね^^ ウレシー。
とにかく、そのほやほやのまま♡ また数ヶ月後に会えますね♪
楽しみですね~

by: nana | 2009/08/08 18:20 | URL [編集] | page top↑
#
ふ~っ。。。
レポ、読みすすめていくうちに3月のライブがよみがえり、またくらくらしてしまいました(^^)
これまで行った中で最高のライブでした。(・・・って、まだ2度目なんですけどね(笑))
innocent worldの興奮、わかります!
私もnanaちゃんと同じ、DVDを見てずっと憧れてきたから、今自分がその笑顔とあたたかな空気の中にいるってことだけでうれしくて、信じられなくて・・・って感じでした。

好きなアーティストがいて、音楽が聴けて、ライブに行ける幸せ・・・ほんとにそうですね。
そして、その幸せを同じように感じて話せる人がいる幸せを感じます(^^)
nanaちゃんやみなさんと出会わせてくれたMr.Childrenに感謝感謝です♪

nanaちゃん、すてきなライブレポをありがとう!!
by: aya | 2009/08/08 20:19 | URL [編集] | page top↑
# 正しく善良で美しい行為♪に納得!
最後まで… 何回も読みましたよ。
随所に『愛』を感じました♡
心のこもったレポ、ありがとう!

4月のライブが身体に沁み込んで、今では私の一部となって毎日の力になっている…そんな状態ですが、nanaちゃんのレポを読み、今だから蘇る感動やあふれだしてくる感情があることに気づきました。
特に『正しく善良で美しい行為』という表現で、私は救われたし、またドームに向けての気持ちのスタートダッシュ(元、陸上部^^)がきれました。
彼らは何なんだろう?凄いよねぇ~
私も生き証人に加えてください(笑)
真っ暗な中で書いたセットリスト♪
一生の宝物ですね。
by: yasuko | 2009/08/09 11:55 | URL [編集] | page top↑
#
e-465 ayaさん、こんにちは!
ありがとうございます、、、本当に最高のライブでしたね^^(私も2度目です 笑)
innocent worldの興奮、ayaさんも同じで嬉しいです~
毎回必ず ・・というわけではないのでとっても嬉しかったです。

そうですね。感動を分かち合える素晴らしさ そのシアワセ。
普通なら出会えていなかったであろうayaさんとも皆さんとも
Mr.childrenが繋げてくれたんですものね・・
すごいなぁぁ^^ あらためてその偉大さに尊敬と感謝です。






e-465 yasukoさん、こんにちは!
長いレポ、読んでくださってありがとうございます^^
本当ですね・・彼らはいったい何なんでしょう?!
私も同じく、身体にしみこんでそれが原動力になっています。
おそらく、みんなみんなそうですよね~それでこそ生き証人!(笑

yasukoさん、早くもスタートダッシュですか(@@
まぁまぁ、まだ夏だから・・^^;(笑
ドームはyasukoさんは2度目ですね^^あの時も12月でしたよね。
今年は早くから大掃除が はかどりそうです~~(笑
当たるといいですね、楽しみ♪
あ、セットリスト?! はい、いつもお財布に入ってます^^お守りデス。
by: nana | 2009/08/11 06:36 | URL [編集] | page top↑
# 蘇りました!
nanaさん、レポおつかれさまです。
“おつかれさま”とい言葉自体何か違うような気もしますが。
nanaさんのレポを読んでいつも感じること・・・それはnanaさんの優しさです。忘れかけていたライブの記憶が蘇り、それと同時にnanaさんの温かい優しい世界に引きこまれていくのです。
ミスチルのライブには何度も足を運んでいますが、やはり武道館は特別な場所でした。桜井さんをはじめ会場にいたみんながそう感じていたと思います。そんな武道館ライブ2日目にはKANさんも行かれていたとか。同じ空間にいたんだと思うと、さらに嬉しかったですケド(笑)
ドームツアーも楽しみですね。まずはチケットを取らねばですけど。
ちっとも長文とは感じさせないnanaさんのレポ。
何度でも読みたくなります。読んでしまいます。
by: ひさえ | 2009/08/13 16:30 | URL [編集] | page top↑
#
e-465 ひさえさん、こんにちは!
温かいメッセージ、ありがとうございます(涙
ホントにね・・武道館に行けたこと、この空間にいれたこと
なんてラッキーだったんだろうって思います。
ひさえさんは デーブイデーになる日ってだけでなく
KANさん という大特典があるのですねぇ(笑)いや素晴らしい!
(駐車場でKANさんの車探しちゃいました 笑)
だってKANさんも「いままでのミスチルライブで一番良かった」って
言ってましたものね^^ あー私も15日だったら・・・(笑
いえいえ、でもほんと読んでくださってありがとうございました!

ドームツアー、お互い当たりますように☆楽しみですね~


by: nana | 2009/08/14 11:50 | URL [編集] | page top↑
#
ゆっくりと、一字一句かみしめながら
読ませて頂きました。
すべてに同感! そうそう、そうだよね~とうなづきながら。
(特に脳年齢のとことか…そこかいっ!)

ホントにね~龍出たね~。
確かに、龍いたよ、まさに!
龍がうねるんですよね。うまい事言ったな、森田さん。

ドームツアーが冬にあるなんて、 思ってもいなかった事。
またワクワクさせてくれますね~。
寒い冬が今から楽しみです!
すてきなレポ、ありがとう!
by: simple | 2009/08/14 12:25 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんわ☆
遅ればせながら読ませて頂き、
あぁ~そうだったぁ^^っと笑みがこぼれました。
心躍る気持ちが湧き立てて、
でも静かにすっぽり覆われる温かさ。
あったかいなぁ~nanaさんの言葉。
ライブ。しみじみ。うっとり~♪

絶叫したことも思い出して、ウシシっとはにかんでもいます^^
ほんと武道館でのライブが
とても伝わり幸せいっぱいです~☆☆
ありがとうございます~。言いたくなりました。
お盆休みごゆっくり^^
by: mamehana | 2009/08/14 20:45 | URL [編集] | page top↑
#
nanaちゃんがこのレポをUPされてすぐに、拝見させて頂くことができました。
でも、あまりの濃密なスペシャルな想いと幸せの洪水で
どんな言葉も残すことができませんでした。
何を書いてもどんなことを記しても追いつかない。。。
素晴らしすぎます。。。

それから何度も伺って、何度も読み返してみても
やっぱり言葉がみつかりません。
ただ 素晴らしいとしか。

私はこのツアーのライヴ、キャンセルしたのです。
会場に足を運べませんでした。
でもこうして味あわせて頂いて、胸がいっぱいです。

時が経って、時を隔ててのレポだなんて信じられない。。。
今そこにあるようにさえ思えます。
それからnanaちゃんはライヴのさなかにメモを取られるのですね。
びっくりしたのと同時に、nanaちゃんらしくって笑顔になりました。
by: children | 2009/08/17 14:42 | URL [編集] | page top↑
#
e-465 simpleさん、こんにちは!
丁寧に読んでくださったのですね、、ありがとうございます。
そして共感してくださったことも嬉しいです~そう、脳年齢はこたえます(笑
(simpleさんは 席、すぐに見つかりますか?!)

龍、いましたね^^ 森田さんは心の底からミスチルを愛していて
そういう人が心を込めて書くレポというのはまた格別です。
プロですからねー森田さん。すごいですよ^^

ドームツアー、びっくりしましたね(@@
ライブしかしていない一年・・・本当に私たちにとっても彼らにとっても
最高の年ですね♪
規模がすごいから またこの秋準備が大変そうですが
無事に大成功すること、祈っています。
そうだ、チケット当選も祈らなきゃ☆






e-465 mamehanaさん、こんにちは!
ありがとうございます☆よみがえりましたか~?^^
今年は本当に幸せですね、そうしてライブの想い出がすぐ近くにあって^^
そして冬にはもう一回チャンスが(@@
なんて素晴らしいお知らせなんでしょう、私はPCのまえで叫んでましたよ(笑

武道館ライブももうすぐデーブイデーが出ますね~
私が行ったのはその前日ですから ↑この通りではないかもしれませんが^^;
思い出したらまた読みに来てみてくださいませ(笑






e-465 childrenさん、こんにちは!
何度も読んでくださったのですね、、ありがとうございます。
そして温かで嬉しいメッセージも、本当に感激です。

childrenさんがキャンセルされたこと、知っていました。
(幻の?記事で拝見いたしました)
だからというわけではないのですが
childrenさんに そのように感じていただけたこと・・
おこがましい言い方ではありますが
わずかでもお役に立てたと思うとそれだけで嬉しいのです。

私の中のMr.Childrenとchildrenさんは ある意味「一対」であるのです。
うまく説明できないのですが(笑)なぜかいつも一緒に考えてしまいます。
現在の私は、やはりchildrenさんなくしては 存在していないのでは、と^^
だから、櫻井さんへ感じる感謝は同時にそのままchildrenさんへの感謝でもある、、ンです。
よくわかりませんね^^;スミマセン~

メモもまたお見苦しいものをお見せしてしまいました(笑
イントロクイズ的に楽しんでおります♪


by: nana | 2009/08/19 18:11 | URL [編集] | page top↑

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://frenchnote.blog14.fc2.com/tb.php/408-d20f8198
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。